<!-- 註: このサイトはまだ工事中です -->

macOSで慣れ親しんだキーショートカットを使う

{
  date: "",
}

Macでも慣れ親しんだキーボードショートカットを使いたい!

Alt+Tab

HyperSwitchを使う。

Command+Tab

ここからはKarabiner-elementsを使った設定方法を紹介する。 といっても自分のメモ用くらいしか書かないが。

ブラウザを触っていると,諸々のショートカットはCommandを使うのにタブの切り替えだけはControlを使わされるという,意味がわからないことになる。 これはCommand(+shift)+TabControl(+shift)+Tabを入れ替えることでなんとかなる。

from

{
  "key_code": "tab",
  "modifiers": {
    "mandatory": ["left_command"],
    "optional": ["left_shift"]
  }
}

のようにし,to

[
  {
    "key_code": "tab",
    "modifiers": ["left_control"]
  }
]

のようにするとよい。そして逆のバージョンも追加で設定する(ちなみにmodifiersoptionaltoに引き継がれるらしい)。

Ctrl+j

これはSKKユーザー限定。

from

{
  "key_code": "j",
  "modifiers": {
    "mandatory": ["left_command"]
  }
}

のようにし,to

[
  {
    "key_code": "j",
    "modifiers": ["left_control"]
  }
]

のようにする。例によって逆も設定する。

また,iTermやApple TerminalではCtrl-jがソフト側に吸われてしまって碌に日本語入力ができないので,そこらへんの設定もする必要がある。

まとめ

これで(だいたい)CommandをCtrlみたいに使える。

ここに書いた内容はM1のMacでもいい具合に動くことを自分で確認している。