<!-- 注: このサイトはまだ工事中です -->

Windowsをインストールする

{
  date: "",
  update: "",
}

HackMDにメモってたやつをブログに移行。

ESPを見えるようにする

宗教上の理由で,パーティションの切り分けにはLinuxのツールを使っている。 ESPをWindowsから見えるようにするには次のようにする。

> diskpart
          DISKPART> sel dis 0
          DISKPART> sel par 1
          DISKPART> ass letter W
          DISKPART> exit
          

install.wimの展開

WinPEを起動して,インストールイメージに含まれるinstall.wimを展開する。

> dism /get-wiminfo /wimfile:D:\sources\install.wim
          > dism /apply-image /imagefile:D:\sources\install.wim /index:3 /applydir:C:
          

Windows Boot Managerの登録

> bootrec /scanos
          > bcdboot C:\Windows /s W: /addlast /p
          

レジストリ

別にこの段階で再起動して完了としてもいいが,どうせなのでレジストリをちょっと弄る。 まず,以下の手順でハイブを読み込む。

  1. regeditでレジストリ エディターを起動
  2. 画面左のツリーでHKEY_LOCAL_MACHINEを選択
  3. ”ファイル” → “ハイブの読み込み”
    • C:\Windows\System32\config\SOFTWARE,キー名は適当(ここではsoft)
    • C:\Windows\System32\config\SYSTEM,キー名は適当(ここではsys)

UTC

ハードウェアの時計をUTCにする。

Windowsには”構成”という概念があって,現在有効な構成はsys\Selectで確認できる。 インストールイメージの展開直後は,最初に1つだけ入っている構成を弄る。

VerboseStatus

ぐるぐるしている時に,より詳細なメッセージが表示されるようになる。

セットアップのバイパス

Note

最近のWindowsでは動かないっぽい
またWindowsをインストールする機会があれば更新する

お好みで。 これにより,あの鬱陶しいセットアップ画面がスキップできる。

少なくとも22H2までのWindows 10/11では有効。

そしてここで再起動。

> wpeutil reboot
          

再起動すると見慣れたcmd.exeが起動するので,

> oobe\windeploy
          > net user Taro /add
          > net localgroup Administrators Taro /add
          > net localgroup Users Taro /add
          

とする。 また,regeditHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup

それぞれ編集する。 shutdown /r /t 0等で再起動すると,完成。

システムが起動したら,(再度)おまじないの再起動をすることをおすすめする。